株式会社ファーマダイワ

ファーマダイワでは、より多くの患者様に「利用しやすく、わかりやすい、安心・安全なサービスの提供」をモットーに“ユニバーサルファーマシー”を推進しています。

独自の流通システム

備蓄センター

医薬品の小分け分割配送センター

近年、医薬分業の進展や後発医薬品の普及に伴い、薬局側は医薬品の備蓄と不良在庫という相反する問題を抱えるようになってきました。すなわち、備蓄不足は処方せんを応需できず、患者サービスの低下を招きますが、逆に、不必要な在庫を増やすことは不良在庫の増加に繋がります。この問題を解決し、質の高い患者サービスを継続して提供するためには、効率良い経営が必要です。

そこで、当社では、グループ内のオンライン化を進めながら、商品の供給体制を整えるとともに、本部が備蓄配送センターとして機能し、各薬局に分割配送できるシステムを構築しています。

現在、当社ではグループ全体で4000品目以上の医薬品を在庫しており、多くの処方せんに対応できる体制を整えています。このシステムの活用により、各薬局は備蓄コストを最小限に抑えながら面分業に対応することができます。

事業内容

  • 保険調剤

    保険調剤

    『誰にでも利用しやすい薬局作り』と『安全かつ最良の医療サービスの提供』を常に心がけております。

    詳細はこちら
  • 在宅医療

    在宅医療

    様々な在宅支援サービス業と連携をとり、在宅医療や福祉に対応できる体制を整えています。

    詳細はこちら
  • 独自の流通システム

    独自の流通システム

    商品の供給体制を整え、本部が備蓄配送センターとして機能し、各薬局に分割配送できるシステムを構築。

    詳細はこちら
  • 調剤過誤への取り組み

    予防医療

    薬局に健康チェックコーナーや健康相談窓口を設置し、処方箋がなくても来局できるような薬局づくりを心掛けています。

    詳細はこちら